アパート建築お役立ちガイド

アパート経営とマンション経営はどちらがお得?

アパート経営とマンション経営の違い

一般的に、アパート経営はアパート1棟を指すのに対し、マンション経営はマンション1室を指します。この2つの一番の違いは所有形態です。アパートには所有権が発生しますが、マンションは区分所有権です。建物全体の修繕を行うときなどで比較すると、アパートはオーナーの判断に委ねられますが、マンションの場合は管理組合の議決が必要となります。迅速な決定ができないことに加え、時には意に反することも受け入れなければならない場合もあるかもしれません。 また、区分所有のマンションに比べると所有権があるアパートの方が担保価値を高く評価されるため、金融機関からの融資が受けやすいという違いもあります。さらに、アパート経営は10室以上の場合、事業的規模と認識されるため、確定申告の際に青色申告ができ、基礎控除の金額が増えることから所得税を節税することが可能です。

アパート経営とマンション経営の利回りを比較

アパート経営は複数の部屋があるため、人の入れ替わりの際も家賃収入がゼロになってしまうことはあまりないでしょう。しかし、マンション経営の場合は部屋が1つなので、住人が入れ替わるときなど、ゼロになってしまう月が発生するというリスクがあります。また、アパート経営は、最初にかかる費用がマンション経営よりも高額に見えますが、1部屋あたりに対する建築費用で考えるとマンションよりも割安とも言えます。 さらに1部屋の賃貸料金は、同じエリア、同じ間取り、同じ広さの部屋だとして、アパートとマンションの家賃の差は、せいぜい2万円といったところが妥当ではないでしょうか。1部屋あたりの初期費用の差をその2万円で補充するのは気が遠くなる話です。このことから分かるように、アパート経営の方が利回りは高くなるのです。

糸山建設が建築するアパートはローコスト。通常のアパート経営よりも利回りが高いのが特徴です。

ローコストで利回りも高い!糸山建設の建築費用

他社と比較してください!福岡・佐賀でアパート建築をするなら糸山建設

まずは、お気軽にお問い合わせください。プランニング問い合わせ

土地をお持ちでない方もご相談ください 糸山建設ではアパート経営に最適な土地の紹介からさせていただくことも可能です。

お問合せいただいた方には、糸山建設のパンフレットをお送りしています。

アパート経営を成功させるために知っておきたいキーワード|お役立ちガイド