アパート建築お役立ちガイド

アパート経営の経費と節税の深い関係

まずは経費という言葉を整理する

アパート経営の経費とは、アパート経営を行う上で必要な支出のことを指します。それは現金の支出にかぎらず、非現金項目とされる減価償却費なども含まれます。減価償却とは、例えばアパート建築にかかった費用を一度に経費に計上せずに、使用した分だけ期間をかけて分割で経費に計上することです。自らの収入から経費を差し引き、残った分に税金がかかりますので、実際に現金がかかっていない年も経費として計上できる非現金項目はうまく使えば、節税対策になります。 一方、アパート経営のお金の動きを指してキャッシュフローなどという言葉が使われますが、これは入ってきた現金から出て行った現金を差し引いたものを指しています。

アパート経営の経費で節税するには

このように、アパート経営の経費の処理をする際に、キャッシュフローを最大化して、所得を最小化することを心がけましょう。 現金の入りはなるべく多くしつつ、現金が出て行くのを少なくすればいいわけです。例えば、経費をうまく処理すれば、会社員が給料から差し引かれている現金をアパート経営の経費で取り戻すことも可能となります。 経費というと、マイナスの印象を持たれがちですが、実はこのようにうまく活用することで所得を減らすことができ、節税につながります。

糸山建設ではキャシュフローを最大化する収益性の高いアパートを建築しております。アパート経営をご希望の方はお気軽にご相談ください。

糸山建設へのご相談はこちら

他社と比較してください!福岡・佐賀でアパート建築をするなら糸山建設

まずは、お気軽にお問い合わせください。プランニング問い合わせ

土地をお持ちでない方もご相談ください 糸山建設ではアパート経営に最適な土地の紹介からさせていただくことも可能です。

お問合せいただいた方には、糸山建設のパンフレットをお送りしています。

アパート経営を成功させるために知っておきたいキーワード|お役立ちガイド