アパート建築お役立ちガイド

アパート経営で効率よく資産形成したいならローンを活用しよう

アパート経営のためのアパートローン

アパートローンとは、アパート建築や購入のためのローンとして、各金融期間が用意している商品のことです。自己資金が少なくても、アパートローンさえ通れば、アパート経営をスタートすることが可能です。そのため、このアパートローンはアパート経営におけるレバレッジとも言えます。このレバレッジにより、動かすことのできる資産が大きくなり、それにともない、最終的な利益も大きくなるのです。そんな理由から、ほとんどの方がこのアパートローンを利用してアパート経営をされています。

住宅ローンとアパートローンの違い

アパートローンと住宅ローンの一番の違いは、金利や審査基準です。住宅ローンの審査は「この人は返せるかどうか」という具合に借り手の返済能力で判断されています。一方、アパートローンはアパート経営という事業を行うことを前提とされていますので、住宅ローンに比べて金利も高く、審査基準では、借り手の安定性よりも、「アパート経営はうまくいくのか」という視点から、アパートの収益性、資産価値の方が重要視される場合がほとんどです。そのため、条件の良いアパートと判断されたときには、フルローンを組むことすら可能になる場合もあります。 アパートローンに関しては、金融機関により、その判断基準は異なる上に、不動産投資に積極的な金融機関もあるようです。そんなことから、アパート経営を始めるときには複数の金融機関に融資を申請し、一番条件の良いアパートローンを探すことをおすすめします。

糸山建設が建築するアパートはこれまでの実績により、金融機関からの評価が上がっております。複数の金融機関との取引もありますので、ローンについてお気軽にご相談ください。

糸山建設へのご相談はこちら

他社と比較してください!福岡・佐賀でアパート建築をするなら糸山建設

まずは、お気軽にお問い合わせください。プランニング問い合わせ

土地をお持ちでない方もご相談ください 糸山建設ではアパート経営に最適な土地の紹介からさせていただくことも可能です。

お問合せいただいた方には、糸山建設のパンフレットをお送りしています。

アパート経営を成功させるために知っておきたいキーワード|お役立ちガイド