アパート建築お役立ちガイド

知っておきたいアパート経営のメリットとデメリット

アパート経営のメリットとは

アパート経営の最大のメリットは、少額で始められ、自己資産が形成できることではないでしょうか。
というのも、アパートローンの場合は、建築したアパートを担保に融資がつくため、頭金さえ用意できれば始められます。考え方によっては、他人の資本で自己資産の形成ができるというわけです。
今から積み立てておく私的年金の代わりにすることができます。また、万が一のことがあったときに、家族に資産を残すことができる生命保険の代わりにすることもできます。さらには通貨の価格が下がるインフレの時代が訪れたとしても、その時の通貨の価値で家賃を決めることができるため、インフレ対策としても有効です。
また、土地を持っている方にとっては、更地のまま土地を持っているよりも、その土地にアパートを建てた方が土地の価値が低く評価されるため、固定資産税や相続税などの節税にもなるという点もメリットと言えるのではないでしょうか。

アパート経営のデメリットも考慮しよう

アパート経営にはメリットだけでなく、当然デメリットも存在します。
最大のデメリットはリスクがあることです。その中でも一番注意しなくてはならないのは空室リスク。アパートローンは月々の家賃から支払うという計画のもと融資されているローンです。そのため、空室が増えると利益計算が狂い、ローンの支払いだけでたいして利益を生まないなどということが考えられます。それでも支払いが滞らなければ、いつかローンが完済したときには、アパートが手に入ります。しかし、最悪の場合はローンの支払いが難しくなるほど空室が増えてしまい、自己破産をされる方もいらっしゃいます。
このようなリスクがあることがアパート経営のデメリットです。
しかし、これらのデメリットはアパートを建築する際にある程度回避することが可能です。
なぜなら、「どうして空室になってしまうのか」を考えたときに、そのアパートが「その土地の需要に合っていない」とか、「設備や仕様に魅力がない」のだとしたら、初期のプランニングが間違っていますし、同様に「家賃が高すぎる」のだとしたら、シミュレーションが甘かったということになるからです。

糸山建設のアパート建築.comトップ

他社と比較してください!福岡・佐賀でアパート建築をするなら糸山建設

まずは、お気軽にお問い合わせください。プランニング問い合わせ

土地をお持ちでない方もご相談ください 糸山建設ではアパート経営に最適な土地の紹介からさせていただくことも可能です。

お問合せいただいた方には、糸山建設のパンフレットをお送りしています。

アパート経営を成功させるために知っておきたいキーワード|お役立ちガイド