アパート建築お役立ちガイド

アパートの入居率アップのためにオーナーが行うべきこと

アパート建築で入居率のためにやっておくこと

アパート経営をスタートするときに、収益力のあるつまり、入居率が高いアパートを建築することが最も重要です。具体的には「そのエリアの需要にあったアパートを建築すること」、「長い目で見て入居率を維持できるアパートを建築すること」、この2つの条件がクリアできるアパートであれば入居率に問題は生じないと思われます。
また、建築にかかるコストを抑えることも大切です。コストを抑えた分、家賃を下げることが可能となれば、入居率はさらにアップするでしょう。入居率が常に高いアパートを建設することができれば、アパート経営は成功にぐっと近づきます。

アパートの入居率アップのためにできること

「最初は入居率が高かったのに、月日を経ると、入居率が落ちていった」などという話もよく聞きます。新しい物件に負けない設備を備えていて見た目がキレイであれば、入居率はさほど低くはならないと思います。しかし、その設備が故障していたとしたら話は別です。「設備が故障したときに、すぐに修理費が用意できなかったため、入居者が出て行ってしまった。」などどいうことにならないよう、いざというときのための修繕費を積み立てておくことも大切です。築5年程度でボロボロの物件もあれば、10年以上過ぎていても古く見えない手入れの行き届いたアパートもあります。その違いは定期的なメンテナンスを行なっているかどうか、の差です。メンテナンスに対するオーナーの心がけ次第で入居率をアップし、物件の寿命を伸ばすことが可能です。

糸山建設ではアパートを建築した後も、さまざまなアフターフォローを行なっております。

糸山建築へのお問い合わせはこちら

他社と比較してください!福岡・佐賀でアパート建築をするなら糸山建設

まずは、お気軽にお問い合わせください。プランニング問い合わせ

土地をお持ちでない方もご相談ください 糸山建設ではアパート経営に最適な土地の紹介からさせていただくことも可能です。

お問合せいただいた方には、糸山建設のパンフレットをお送りしています。

アパート経営を成功させるために知っておきたいキーワード|お役立ちガイド