アパート建築お役立ちガイド

アパート経営の利回りとは?表面利回りと実質利回り

利回りの高いアパート経営をしよう

利回りとは、よくアパート経営をはじめとした投資で使われる言葉ですが、投資額に対して、どれだけの利益があるのかを数値化したものです。利回りはパーセントで表されますが、その数字が大きいほうが、収益性が高いということを示しています。アパート建築にかかる費用に対して、どれだけの家賃が入ってくるかで計算すると、どの程度の利益をこのアパート経営で得ることができるかが分かるのです。初期費用をなるべくおさえて、アパート経営をスタートすれば、当然利回りは高くなります。そのため、ローコストでハイクオリティなアパートを建築できれば、その後のアパート経営は楽になるというわけです。

表面利回りと実質利回り

アパート経営の利回りの計算方法には「表面利回り」と「実質利回り」の2種類があります。一般的に使われているのは「表面利回り」で、年間の家賃収入をアパート建築費用で割った数値を指します。
もっと細かく計算する場合には、年間の家賃収入から諸経費を引いた金額をアパート建築費用に諸経費を含んだ金額で割る「実質利回り」で出します。
利回りをシミュレーションする際は、表面利回りだけでなく、実質利回りも把握しておくことが大切です。
実際は入居者が移り変わるタイミングの空室の状態のことも想定して、家賃収入は9割で計算されることが多いようです。

表面利回り(%)=年間家賃収入÷物件価格×100
実質利回り(%)=(年間家賃収入—諸経費)÷(物件価格+諸経費)×100

糸山建設なら周辺の家賃相場の調査や利回りのシミュレーションなど、アパートを建築する前にプランニングの段階からしっかりバックアップしております。

アパート建設プランニングのご相談はこちら

他社と比較してください!福岡・佐賀でアパート建築をするなら糸山建設

まずは、お気軽にお問い合わせください。プランニング問い合わせ

土地をお持ちでない方もご相談ください 糸山建設ではアパート経営に最適な土地の紹介からさせていただくことも可能です。

お問合せいただいた方には、糸山建設のパンフレットをお送りしています。

アパート経営を成功させるために知っておきたいキーワード|お役立ちガイド