アパート建築お役立ちガイド

アパート経営を始める際の資金について

アパート経営をするのに自己資金はどのくらい必要?

いざアパート経営を始めようとするときに気になるのが資金の問題。「自己資金をどのくらい用意すればアパート経営がスタートできるのか」とそんな質問をよく目にしますが、それは購入するアパートによっても異なります。アパート物件の担保価値が著しく高い場合は、自己資金が少なすぎ、もしくは全くなくても良い場合もありますが、アパート建築費用の3割程度の自己資金が必要な場合もあります。
もちろん自己資金が多く用意できたほうが後々の負担は軽減されますが、アパートローンに関しては、アパート物件の収益で支払っていくことを前提に融資されますので、物件の収益性が高ければ、少なめの自己資金でアパート経営をスタートしてもさほど負担にはならないかもしれません。

アパート経営の資金はアパートローンで調達

アパートローンとは、「土地を活用してアパート経営を始める人」、「新築・中古のアパート物件を購入する人」、「所有するアパートのリフォームや補修をする人」などを対象に資金調達ができるよう、各金融機関が用意しているローン商品です。
審査基準は金融期間によって異なるものの、たいていはアパート物件の収益性、土地の担保価値、融資を受ける個人の属性などを審査し、融資額が決まります。主にアパート物件の収益性、土地の担保価値が重視されるため、通常、個人では簡単に借りられない額の融資をうけることが可能です。そのため、アパート経営を始めるにあたり、自己資金が用意できない人にも間口が開いているというわけです。

糸山建設の建築するアパートはこれまでの実績が金融機関から評価されておりますので、ローンが通りやすいというメリットがあります。ぜひご相談ください

アパート建築、経営に関するご相談はこちら

他社と比較してください!福岡・佐賀でアパート建築をするなら糸山建設

まずは、お気軽にお問い合わせください。プランニング問い合わせ

土地をお持ちでない方もご相談ください 糸山建設ではアパート経営に最適な土地の紹介からさせていただくことも可能です。

お問合せいただいた方には、糸山建設のパンフレットをお送りしています。

アパート経営を成功させるために知っておきたいキーワード|お役立ちガイド