アパート建築お役立ちガイド

アパート経営のリスクを知って失敗を回避しよう

アパート経営が失敗する理由

アパート経営で失敗されたという方は世の中にたくさんいらっしゃいます。しかし、その方たちの失敗例に目を向けてみると「空室が増えてしまった」ために、「空室を埋めようと家賃を下げてしまった」ことから利回りが悪くなり、「アパートローンの返済ができなくなってしまった」というのが失敗のパターンとして多いようです。
まず、「空室が増えてしまった」理由を考えてみましょう。
空室が増えたのが、アパート建築後5年、10年、ということであれば、「しっかりと定期的に点検や修繕はしていたのか」、という点が問題になるでしょう。しかし、アパート建築から2、3年後ということであれば、アパートを建築する際の設備や造りが良くないという可能性もあります。
そのどちらにも当てはまらないのにアパート経営に失敗してしまったという例があったとしたら、そもそもその土地の需要にアパートが合っていない可能性があります。

アパート経営のリスクを回避するために

アパート経営のリスクに「空室」があることは、前段で述べたとおりです。その空室リスクの原因のほとんどは、「修繕費」、「粗悪な素材や雑な造り」、「エリアの需要」についてアパートを建築する際にあらかじめ手を打っておけば、回避できるリスクと言えます。
このことからも分かる通り、アパート経営を失敗しないためには最初のパートナー選びが肝心です。プランニングの段階でどこまで親身になってくれるかを見極めてアパート建築を依頼する業者を選びましょう。

糸山建設の建築したアパートなら、ローコストなのに、ハイクオリティ。腕の良い職人がこだわりを持って建築しております。さらにアパートを建築予定のエリアの需要を調べ、一番そのエリアで求められているアパートをご提案させていただきます。

糸山建設のアパート建築.comトップ

他社と比較してください!福岡・佐賀でアパート建築をするなら糸山建設

まずは、お気軽にお問い合わせください。プランニング問い合わせ

土地をお持ちでない方もご相談ください 糸山建設ではアパート経営に最適な土地の紹介からさせていただくことも可能です。

お問合せいただいた方には、糸山建設のパンフレットをお送りしています。

アパート経営を成功させるために知っておきたいキーワード|お役立ちガイド