アパート建築お役立ちガイド

アパート建築で失敗しないためには

アパート建築の失敗を防ぐ事前リサーチ

アパート建築の失敗で多いのが、需要と合っていないアパートを建築してしまったがために空室ばかりで家賃収入が入ってこないという失敗です。需要のない場所、需要のない間取り、需要のない設備など、そもそも借りたい人がいないアパートを建築すれば、空室が多くなるのは当然のことです。家賃を下げてなんとか部屋を埋めても、利回りは悪くなってしまいます。この手のリスクを追わないためには、需要のあるアパートを建築しなければなりません。
では「需要のあるアパート」を建てるにはどのようにすれば良いのでしょうか。「その地域で多くの人が住みたいと思うアパートがどのようなものなのか」をリサーチするには、周辺のアパートの空室情報を調べましょう。「空室が少ないアパートはどの間取りのものが多いのか」、「設備はどの程度のものが付いているのか」などをチェックすれば、そのエリアで失敗しないためにはどのようなタイプのアパートを建てれば良いかが見えてくるでしょう。

リスクを回避するために家賃相場を把握しよう

アパート建築で失敗しないためには、そのエリアの家賃相場も把握しておく必要があります。
周辺の物件の家賃相場から、家賃はある程度上限が決まってきます。それ以上の家賃をつけたとしたら、どんなに素敵なアパートを建築しても借りることができる人は一握りとなってしまい「あの部屋に住めたらいいな」と大多数の人とって憧れの物件で終わってしまうことでしょう。
空室リスクを回避するためには、周辺の家賃相場の範囲内で家賃を決め、その家賃収入でまかなえるアパートを建築することが大切です。
アパート建築資金に余裕があれば、かっこ良さを追求し過ぎたり、内階段や内廊下、オートロックなどを需要のないエリアで装備したり、必要のない部分に費用をかけすぎるのは失敗を招くので危険です。エリア内をリサーチした内容をもとに、どんなアパートを建築するかを決めることが、結果的にはリスク回避につながります。

糸山建設のアパート建築.comトップ

他社と比較してください!福岡・佐賀でアパート建築をするなら糸山建設

まずは、お気軽にお問い合わせください。プランニング問い合わせ

土地をお持ちでない方もご相談ください 糸山建設ではアパート経営に最適な土地の紹介からさせていただくことも可能です。

お問合せいただいた方には、糸山建設のパンフレットをお送りしています。

アパート建築を成功させるために知っておきたいキーワード|お役立ちガイド