利回りの高いアパートの建て方

1.大量仕入・営業コスト削減、一貫施行でローコストを実現1室あたりの単価を下げています。大手は1室500万円 ⇒ 糸山建設なら1室250万円2.オリジナルプランとR屋根で広々とした部屋 6畳⇒8畳ロフト付き3.オリジナルプランで土地を隅々まで活用するので同じ面積なら部屋数は最大 1棟6室⇒1棟8室4.マーケティングをもとにしたプランニングで需要にあった間取りを実現 あなたの土地で1番入居率の高いプランニング

利回りとは

不動産経営の利回りを簡単に言うと、その物件がどのくらいの収入を生み出すのかを数値にしたものを指します。 利回りが高いと収入が得やすく、低いと収入が得にくくなると考えることができます。
この利回りには「表面利回り」と「実質利回り」があります。
「表面利回り」というのは、ローンを完済するまでを家賃満額で考えた際の収入を指します。
一方「実質利回り」は、修繕積立金、管理費、固定資産税、都市計画税、空席リスクなどがローンの返済の他にかかって来た場合の利回りのこと。

いずれにしても利回りを高くするためには、初期費用を抑え、家賃はなるべく高く設定できるような魅力のある物件を建設することが重要です。

需要のある間取りの中でも広い部屋を初期費用を抑えて利回りを最大にするのが糸山建設の魅力!

利回りを最大にする糸山建設のアパート建築プランニングは無料!プランニング問い合わせ

土地をお持ちでない方もご相談ください 糸山建設ではアパート経営に最適な土地の紹介からさせていただくことも可能です。

お問合せいただいた方には、糸山建設のパンフレットをお送りしています。

利回りの高いアパートの建て方