アパート建築お役立ちガイド

土地活用と相続の関係性と、相続税の基礎知識

土地活用と税金の密接な関係

土地活用と税金には密接な関係があります。そのため相続前に税金についての知識をしっかりとつけておく必要があります。税金についての知識をつける際に気をつけたいのが、税制について関心を持ち続けることです。税制は改正される事もあるので、一度知識を身につければそれで終わりではありません。アンテナを張り、日頃から税金に関する情報を収集する習慣をつけましょう。土地活用について深く関わる税金は、固定資産税、相続税、所得税などです。更地のままだと固定資産税がかかるだけですが、建物を建てると相続税や、所得税を減らす事ができます。特に、更地にアパートなどの賃貸住宅を建てると、相続税の節税に大きな効果があります。このように土地活用として、土地に建物を建てる場合には税金が密接に関係してきます。

なぜ土地にアパートを建築すると相続税が減るのか

相続税とは、人が死亡したときに移転される財産に課せられる税金です。自分が土地を持っていた場合、自分が死亡し、妻や息子へ土地を譲れば、その土地は課税対象になります。相続税は現金か、土地か、住宅かなどの形態によって、金額が変わるように法律で定められています。例えば、自分が持っている土地に賃貸アパートを建てた場合、更地しか持っていない時と比べると、相続税は約2割引きになります。現金しか持っていない時と、アパート建築後で比較すると、相続税は約6割引になります。つまり、現金の時より土地、土地だけより建物がある方が、税金が割り引かれるため、アパート建築により相続税を節税することができるのです。

糸山建設のアパート建築.comトップ

他社と比較してください!福岡・佐賀でアパート建築をするなら糸山建設

まずは、お気軽にお問い合わせください。プランニング問い合わせ

土地をお持ちでない方もご相談ください 糸山建設ではアパート経営に最適な土地の紹介からさせていただくことも可能です。

お問合せいただいた方には、糸山建設のパンフレットをお送りしています。

土地活用を成功させるために知っておきたいキーワード|お役立ちガイド