アパート建築お役立ちガイド

土地を有効活用するために知っておきたい2つの土地活用法

そのまま土地を貸す

持っている土地を有効活用したいと思ったとき、活用方法は大きく2つあります。そのまま土地を貸す方法と、土地に何かしらの建物を建てる方法です。土地を貸す方法は、少ない投資で始められる土地活用方法です。更地のままなので、土地を貸すことを止め、アパート経営など他事業を始めることも容易です。さらに相続するときにも、分割しやすいというメリットがあります。土地を貸す場合は、貸し方によって権利が変わってきます。1つは駐車場のように自分で土地を活用できる形に変えてから貸す場合があります。もう1つは、資材置き場のように、土地をそのまま貸して、貸した相手が、倉庫を建てるなど土地を活用できる形に変える場合があります。2つの違いは、貸した相手に、建物を建てる事を許可しているかどうかです。建物を建てることを許可する場合、契約の結び方によっては、土地を返してほしい時に土地を返してもらえないことがあるため、注意が必要です。

土地に建物を建てる

土地を有効活用するために建てられる建物としては、賃貸アパートやマンション、オフィスビル、ホテル、立体駐車場、トランクルーム、コインランドリー、コイン洗車場、倉庫など様々なものがあります。どれが良いかは、いずれの場合も資金・立地・需要などを複合的に判断する必要があります。調査が不十分だと、せっかく建てても利用者が少なく、収益性が低くなってしまうことがあります。しかし調査をきちんと行えば、安定的な収入を確保することも可能です。賃貸アパートなどは倉庫などと違い、借り主が退去して収入が一気に無くなるというリスクもなく、安定的に収入を得ることもできます。

糸山建設のアパート建築.comトップ

他社と比較してください!福岡・佐賀でアパート建築をするなら糸山建設

まずは、お気軽にお問い合わせください。プランニング問い合わせ

土地をお持ちでない方もご相談ください 糸山建設ではアパート経営に最適な土地の紹介からさせていただくことも可能です。

お問合せいただいた方には、糸山建設のパンフレットをお送りしています。

土地活用を成功させるために知っておきたいキーワード|お役立ちガイド